« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

時津風部屋の悲しい事件

最近多いですね。朝青龍をはじめとして、財団法人相撲協会の不祥事。

結局、税金から援助を受けている財団法人に問題があるのでしょうか。

指導者が人格者でないとこういうことが原因ですね!

私が学生時代に同じようなことを受けました。当時はそんなものだと思い稽古を熱心に続けていました。

稽古といことを隠れ蓑に年中顔は殴られました。幸か不幸か私の鼻は、ボクサー鼻、鼻の先端に軟骨がないので、殴られても鼻血がでないんですが、口の中は切れていつも口内炎になってました。

挙句の果てに、全然とめる事もなく肘を顎に当てられ二箇所骨折、入院手術して歯をワイヤーで縛り6週間固定。現在も後遺症は残っています。

その後も両手を持たれて使えない状態から畳に頭から真っ逆さまに落され、頚椎4番5番を損傷し、それがもとで体のバランスが崩れ、後遺症として長年かかり、胃潰瘍、心疾患、等々内臓にまで達してしまいました。

その指導者は、子供も指導していましたが、今回の事件同様子供に自分の気に入らない子供のイジメも指示していました。私がやられたほど酷いことではありませんが。

時代が時代とはいえ本当に酷い話です。

現在そんな指導者でもアメリカで大きく合気道と居合道を指導していますが、申し訳ありませんが裸の王様としかいえません。それ以下かもしれません。

一生懸命稽古してアクシデントとして、ケガをしてしまうことがあるかもしれませんが、一線を越える行為はとんでもないことです。

私の両親も当時あまり言いませんでしたが、腹の中では相当の怒りがあったと思います。

私が、現在教えるていますが、この子達の将来を考えます!社会に出た時に稽古が役立てるようにと思います。

指導者の資質が本当に問われる時代でしょうね!

その指導者は、武道の資料も両手で数えられるほどしか持っていませんでしたし、本当に視野が狭く話しになりませんでした。

日本で居合道も一年足らずしか稽古もせず、初伝すらろくに学んでいないのに勝手に段をだしているようです。最初に彼の居合を見た時には、目を背けてしまいました。

相撲も武道も道を求めるものその根本はどこへいってしまったんでしょうか!学校を卒業してすぐにその世界に身を置き、道を極めようとすることは、素晴らしことだと思います。

しかし、現在税金から援助をもらい、井の中の蛙となり、何の努力もせず権威にたより、組織を運営しているのではないでしょう。

そしてその中にみを投じている指導者の精神の弱さと向上心のなさ、広く周りを見渡せない。許しがたいことです。

この事件で、被害者の父親が、会見しているところを見ながら、私の母は、涙を拭いていいました。

本当に胸が痛むとともに冥福をお祈りします。

ホームページhttp://www.geocities.jp/genshinkaiiaienkukai

「源心会合気道」「古武術 居合円空会」「護身術合気道源心会」で検索してください!

動画http://jp.youtube.com/user/daisejashakuenku

| | コメント (0) | トラックバック (5)

うれしいね~!

先日友達が結婚したんですよ!あの明治記念館で!!色々ありましたが、本当に嬉しい話です。

司会はウクレレ漫談で有名な牧 伸二さんのお弟子さんで、静岡県出身の牧 たかしさん。よかったな~あのしゃべり!

披露宴に呼ばれていたのですが、二日前に突然「歌歌って!」のメールがはいりました。

結婚の話が決まった何ヶ月前から、半分冗談で「歌たってやるよ。」とは言ったものの・・・・・・実はあまり驚きもせず、ギター何にしようかと迷ってしまいました。

曲は1986年リヴァー・フェニックス主演の映画でリバイバル大ヒットとなった、「Stand by me」と決めてましたから、オリジナルは、R&Bの元ドリフターズのボーカル Ben・E・King。

最近ゴスペラーズがCMで歌ったますね。ビートルズのジョン・レノンもカバーしたますね。詩も結婚式にはぴったり!!

結局エリック・クラプトン・モデルのストラトキャスターで決めました。

会終了後、一人の紳士が挨拶に来てくれました。名刺にホテルの名前が「いつもどこでやられるんですか?」と質問され、言葉に困り「いやー・・・・」と訳わからないことを言ってしまった。

後で周りの友達達曰く「あれうちのホテルでもやってくれない?というスカウトじゃない!」ギターを持った武道家なんてどう?

あー気付くのが遅かった~!!残念!!今度Youtubeに載せちゃうかな!はははははっ!

ホームページhttp://www.geocities.jp/genshinkaiiaienkukai

「源心会合気道」「古武術 居合円空会」「護身術合気道源心会」で検索してください!

動画http://jp.youtube.com/user/daisejashakuenku

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ついつい飲みすぎ!

久しぶりに明け方近く??まで後輩と飲みました。

彼は俗に言うプロの武道家。大都会の外で「胸の使い方はそうじゃない!・・・・肘はこう使うんだ!・・・・等々。」伝授しながら。

話のなかで、「先輩そんな安い値段で教えてるんすか!人が良過ぎますよ!その倍でもいいでしょ!それだけの価値があるじゃないすか!」

嬉しい事言ってくれますよね!

プロが認めても一般素人は、大きな団体や知名度の高い団体に目が向いていしまうから仕方ないですね。

生徒さん一人から始めた独立団体ですが、陰ながならずっと応援してくれた後輩に本当に感謝してます。でもついつい飲みすぎちゃうんですよね!

ホームページhttp://www.geocities.jp/genshinkaiiaienkukai

「源心会合気道」「古武術 居合円空会」「護身術合気道源心会」で検索してください!

動画http://jp.youtube.com/user/daisejashakuenku

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今月の古武術 居合円空会

今月の古武術 居合円空会は16日1時30分から3時30分までです。

今月はテーマを考えていませんが、当日までのサプライズにしておきます。

来月より毎週木曜日6時から7時まで、源心会合気道の前にやることになりました。

月一回では、生徒さんのモーティベーションが継続せず、普及しないのではと言う生徒さんからの意見がありましたので、時間的に少し早いかもしれませんが、行ないたいと思います。

月一回の稽古会も現状では、考え直さないといけないかもしれませんね。

ホームページhttp://www.geocities.jp/genshinkaiiaienkukai

「源心会合気道」「古武術 居合円空会」「護身術合気道源心会」で検索してください!

動画http://jp.youtube.com/user/daisejashakuenku

| | コメント (0) | トラックバック (1)

たか&としの「欧米化?」が映画「日本沈没」

「日本沈没」という映画ありましたね。去年再度映画化されましたが、子供頃の仮面ライダーの藤岡 弘さん主演の方が、印象深いですよね。

当時ノストラダムスの大予言なんかも流行っていたと思います。その中に日本が沈没すると書かれていた気がします。

予言通りには、日本列島自体沈没しませんでした。

でも別な部分で、日本は沈没してしまったのかもしれません。

昨日お会いした結希さん、今風に言うとスピリチュアルな世界から色々なメッセージを受けられる方です。

お話の中で、このままでは、日本の将来、日本人がなくなってしまう。自分たちの子供や孫の将来がないことを切実に話されていました。

私も現在の状況本当に危ないと思っています。

日本沈没という意味を日本経済の沈没と言われていた方がいましたが、実は「日本伝統文化、日本民族の沈没」だったのではないかと昨日気付かされた気がします。

お笑いの たか&とし が「欧米化!」で笑いをとっていますが、笑っている場合ではないのではなでしょうか!

日本人として生まれ、日本の心、精神までもが失われ、「欧米化!」それで良いのでしょうか!

昨年の草なぎ 剛さん主演の「日本沈没」見る角度をかえて考えてみてください。

「日本沈没」というタイトルに何かそういうメッセージが隠されている気がしませんか!

結希さんと2時間半ぐらいお話しましたが、語りつくせないほどのメッセージをうけているよです。

日本の自然、伝統、文化、心、精神、先祖から脈々と伝わってきて、現在があるのです。我々先祖の大切にしてきたものをもう一度見直し、大切にすることが出来ないでしょうか!

どんなにお金をもって、金銭的にパワーを持っても、自然や精神等を失ってしまっは、次には自分に返り、自滅してしまいます。

結希さんはこう言うメッセージを受けて、色々な分野の人に話しかけられているようです。

以前から私は、ブログやホームページにもかいていますが、合気道や居合道、武道というものを通してしか「日本の伝統文化、精神」を伝える事は出来ませんが、一人でも多くの人に伝えて行きたいと思っています。

ホームページhttp://www.geocities.jp/genshinkaiiaienkukai

「源心会合気道」「古武術 居合円空会」「護身術合気道源心会」で検索してください!

動画http://jp.youtube.com/watch?v=UOL26xQmtHE

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »