« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

リュウマチで腫れた手も回復

西洋医学の薬というのも大変恐ろしい部分がありますね~

必ず副作用がありますよね!

実際に私が施術したのですが、長い間潰瘍性大腸炎を患い、それを抑えるための薬の副作用で、リュウマチになってしまいました。

リュウマチの為に手足が腫れてしまいました。

最初にお会いした時は、元気がなかったのですが、私が施術することにより、徐々に元気になり、手の腫れがなくなり、動きもよくなりました。

現在足の方の施術にかかっているますが、大分腫れがなくなってきました。

月一回の施術でもかなりの効果をあげています。

とにかく、少しでも早く回復するように努力しています。成果は確実にだしていますよ!

豊崎整体院ホームページ

護身術合気道源心会ホームページ

携帯サイトは左上をコピーしてね!

「源心会合気道」「古武術 居合円空会」「護身術合気道源心会」「豊崎整体院」「豊崎武道体術」で検索してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムチ打ち、頚椎捻挫も驚きの回復

交通事故でムチ打ち頚椎捻挫というのは、よくある話ですよね~

意外と気にしていないのが、スキー、スノボーで転んだ時の衝撃でもかなりありますよ!

合気道でもいい加減に受身を教えているところが多いので、稽古しながらどんどん頚椎捻挫を悪化させてますね!

一般に「肩こりでなんですよ~」なんて来院されますが、よく話を聞いて触診すると頚椎捻挫ということも多いですね!

相当な人数を改善してますが、やはりあちこち行かれて何年も改善されない方だと、一回のTMN法の効果の違いが分かってもらえます。

本当に早く改善するように努力しています。根源を改善させないとなかなか回復はしないですよ!

ご相談ください!

豊崎整体院ホームページ

護身術合気道源心会ホームページ

携帯サイトは左上をコピーしてね!

「源心会合気道」「古武術 居合円空会」「護身術合気道源心会」「豊崎整体院」「豊崎武道体術」で検索してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただの腰痛じゃないよ!梨状筋症候群

梨状筋症候群ってあまり聞きなれない言葉だと思います。

一般的に簡単に言えば、腰痛の一種ですね。

この症状は、整形外科や接骨院に行ってもただの腰痛ですまされることが、ほとんどです。

発見し難く、治しにくい症状です。

私のところでも、かなり回復の成果を挙げています。

よく話を聞くと、皆さん何が原因なのか分からないでいますが、原因は必ずあります。

昔のことから紐解いていくとよく分かります。

原因の分からない腰痛でお悩みの方ご相談ください。

豊崎整体院ホームページ

護身術合気道源心会ホームページ

携帯サイトは左上をコピーしてね!

「源心会合気道」「古武術 居合円空会」「護身術合気道源心会」「豊崎整体院」「豊崎武道体術」で検索してください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

いよいよ未公開の合気道開祖植芝盛平翁DVDが発売されます!

2011年5月ごろになると思いますが、「合気道開祖 植芝盛平翁」のDVDがクエストから発売されます。

合気道開祖の肉声も聴くことができます。

合気道開祖が語る!「真の合気道とは何か!」

本当に興味深い話です。

未公開の写真、8ミリ今までにないものが出来上がります。

合気道関係者以外でも興味深いものでしょう!

ご期待ください!!

豊崎整体院ホームページ

護身術合気道源心会ホームページ

携帯サイトは、左上をコピーしてね!

「源心会合気道」「古武術 居合円空会」「護身術合気道源心会」「豊崎整体院」「豊崎武道体術」で検索してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坐骨神経痛も一回で回復!

数ヶ月前に、坐骨神経痛で患者さんがみえました。

坐骨神経痛と診断されて半年ぐらいだと思いました。

坐骨神経痛もなかなか良くならないというのが、一般的ですね!

諦めてお付き合いしている方も多いかと思います。

この患者さんは、症状が出てから比較的早くに、私が施術したので、一回で回復しました。

その後もご家族を紹介していただいています。

もちろん本人にも何度もあって確認していますが、その後痛みはないそうです。

何でもそうですが、症状が出てからどのくら経っているかによって回復の時間が決まってきます。

症状が出てから早く施術することをお勧めします。

豊崎整体院ホームページ

護身術合気道源心会ホームページ

携帯サイトは左上をコピーしてね!

「源心会合気道」「古武術 居合円空会」「護身術合気道源心会」「豊崎整体院」「豊崎武道体術」で検索してください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »